ちいさな焼き菓子のお店『petit nanan』の
日々のつれづれとお菓子のこと
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
good morning!
すっかり春の陽気になりましたね。
暖かさに誘われて、外へ外へとお出掛けしたくなります。
でも、残念ながら昨夜からの雨つづき。
花粉症には、ありがたい雨でもありますが…。

朝食は、これを食べて気分転換。



夫が、最近ブームの『塩パン』を作ってくれました。

なんでも自分でしたがるお兄ちゃんと、なんでも触ってみたい弟を連れて、パン屋さんに入るのはとても覚悟がいるものです…。

朝はぜったいパン!派の私には、夫の作ったパンも貴重。

そして、朝ごはんの時間は、唯一の自分の時間。

パンとカフェオレ。
必需品です。

2013
2013

新しい年を迎え、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

前々回?になるでしょうか、
お店を再開するようなニュアンスを残したまま、
結局ブログの更新もせず、
こうして新しい年を迎えてしまいました。

本当に申し訳ありません。

言い訳でしかないのですが・・・、
体調が思うようにいかず、
再開に向けていろいろと準備を重ねていたのですが、
ストップしてしまいました。

というのも、2人目を授かり、
2012年の後半は、悪阻と共に暮らす日々となりました。

私にとっても、
架空の「おともだち」をお話に登場させていた息子にとっても
それはとてもうれしいことだったのですが、
やっぱり気がかりだったのはお店のこと。

でも、
それまで大好きだったお菓子が焼ける香りも、
パンが焼ける香りもどうしても受け付けない。

おいしいと思える日が来るんだろうか・・・
そんな気持ちさえしてしまいました。

ところが、そんな不安も何のその。

人間のからだとは不思議なもので、
日が経つにつれ、
むくむくと「食べたい」欲が復活し、
あんなお菓子どうかな、
こんなお菓子どうかな、と思えるようになりました。

期間限定の再開ではありますが、
数種類の焼き菓子を詰め合わせて、
お届けしたいと思います。

まずは、2月のお届けからスタートします。

詳しくは、次回更新のブログにて。

ちいさな鏡もち

最後になりましたが、

2013年もみなさまにとってよい年になりますように。





思い出のチョコレート
 今日は、バレンタインデーですね。

バレンタインだから・・・と、特別チョコレートを買うことはないのですが、
町の雰囲気に飲まれ、やっぱりチョコレートが恋しくなってしまいます。

産休に入る前は、petit nananでもバレンタイン限定セットをご用意していましたが、
いまや、それもなくなってしまいました・・・。

早く本格復帰しなくては、と焦る日々です。



チョコレートといえば、私のなかで最も記憶に残るチョコレートがあります。

それは、パトリック・ロジェのチョコレート。

パリに少し滞在した時、サンジェルマン・デ・プレで立ち寄ったお店なのですが、
ショーウィンドウのチョコレートオブジェも、チョコレートの美味しさも衝撃的でした。

数年前、日本のデパートでも見かけたのですが、
あまりのお値段で購入するのは、断念しました。

でも、やっぱりあの味は忘れられません。

またいつか。

le cube